結婚をする事になった際には、多くの人が結婚式をするのではないかと思います。では、この結婚式について考えた場合に、今と昔ではどのように違うのでしょうか。そもそも昔は、結婚式といっても身分によっていろいろだったようですが、庶民の結婚式なら、村の偉い人に仲人をしてもらい、近所の人に集まってもらい、お披露目とお祝いをして、はれて夫婦として認められ、その村に暮らす事もあわせて認めてもらうというようなものであったようです。それが少し最近に近づいてくると、結婚式自体が、神社でおこなったり、教会でおこなったりといろいろなタイプが出てきました。

メーヤー記念礼拝堂の歴史とステンドグラスに込められた意味

もともとのお披露目は、披露宴という形で別になる事が多くなりました。別に分けることで、親族等の近い人だけではなく、友達を呼んだり、会社の人を呼んだりと結婚式の厳かな雰囲気とは違った、楽しく明るい会をする事が出来るようになりました。この披露宴自体も一時期はお金を掛けて派手な演出で、大人数でというのが、主流だったものが、最近は地味婚ということで、友達や身内だけで、慎ましくすませるというのが増えてきています。

モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ - ザ・モアナチャペル


もっとも今でも、それなりに地位や、立場がある人の場合は、地味婚とはまったく無縁の、数百人単位の豪華な結婚式がおこなわれるのが当たり前のようです。少し話がそれてしまいましたが、結婚式に話を戻しますと、結婚式自体をあまり重要視していないという傾向も、出てきているように見受けられます。というのも以前であれば、結婚を決めて、入籍をして、式を挙げて、一緒に暮らし始めるというのが、ふつうの順番だったと思うのですが、最近は一緒に暮らし始めて、結婚を決めて、入籍をして、式を挙げるというパターンが多くなってきているのではないかと思いますし、この順番で行く中で、生活のために無駄な、お金を省こうと考え始めると、式を挙げなくても良いのではないか、どうせお金を掛けるなら、新婚旅行に掛ける方が楽しいのではないかという発想になるようです。

仙台 結婚式

また、先に一緒に暮らすのも、付き合っているだけではわからない事を、結婚前に一緒に暮らす事で事前に理解できるという考え方のようですから、ある意味理にかなっているのかもしれません。ただ、日本的な道徳観念に照らし合わせると、どうなのかと思う方もいらっしゃると思いますが、いかがでしょうか。